ワインを系統毎に分類して保管していきます

<   2006年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

シャトー・レイヤス・シャトーヌフ・デュ・パプ・ブラン

f0055030_11452496.jpg【生産者】

シャトー・レイヤス


【ワイン銘柄】

シャトーヌフ・デュ・パプ・ブラン


【ワイン生産国、地域】

コート・デュ・ローヌ


シャトー・レイヤス

エキセントリックで、かわいらしい悪魔のようなジャック・レイノーさんが経営する別格のブドウ園、シャトー・レイヤス。

レイヤスの高いレベルの豪奢さと別格ともいえる強烈さは、舌触り味わいの豪勢さと組み合わさって、偉大なボルドーやブルゴーニュを超える程の物になります。

シャトー・レイヤスには、世界中でも独特なワインがいくつかあります。その業績は、ジャック・レイノーさんと、その父親である1979年に亡くなった故ルイさんによって生み出されました。

ジャック・レイノーさんという謙虚な天才が造り出すワインは、ローヌ渓谷南部で最も樹齢の高い畑でとれた低収量のブドウが使われています。

レイノーさんを助けている姉妹のフランソワーズさんも彼と同じくエキセントリックなタイプの女性です。

シャトー・レイヤスには22haの広さのブドウ園があり、その内15haにブドウが植えられており、その生産量は3000ケースに満たないほどの少なさです。シャトー・ペトリュスが11.3haの畑で平均4500ケースのワインを生産している事を考えれば、いかにレイヤスの収量が少ないかを理解できるでしょう。

シャトー・レイヤスのブドウ園では、レイヤスとピニャンという二つの赤ワインが生産されています。

レイヤスはもちろん、レイヤスの選別を終えた後で選ばれるピニャンもすごいワインになる事があります。ヴィンテージによってはレイヤスより力強く、凝縮しているんです。

レイヤスのセラーでは、レイヤスの白とフォンサレットの白を最初に瓶詰めし、続いてレイヤス、フォンサレットを瓶詰めして、その後レイヤスに至らないとされたキュベがピニャンの名で瓶詰めされます。


シャトーヌフ・デュ・パプ

西暦1309年ボルドーの大司教によりローマ教皇に推選されたクレメンス5世は、アヴイニヨンに移り,以後1377年まで7代の間、教皇庁はローマではなくアヴイニヨンにおかれました。これが世界史で有名な「教皇のアヴイニヨン補囚(またはバビロン幽囚)」と呼ばれるものです。

この地方は12世紀から聖堂騎士団によりワイン作りが行われていましたが、つぎの教皇ヨハネス22世が,かつて聖堂騎士団が建てた館を修復して別荘としたので、これ以降教皇(Pape)の新しい邸(Chateau-nef)という地名が生まれ、この地方で取れるワインにこの名が付けられる所以になりました。

丸い小石に砂まじりの土壌は、昼と夜とで28℃も温度差があるといわれていて、13品種(数えかたで14品種)ものブドウが栽培されています。これらのブドウから、フルボディの、アルコール度の高い(最低12.5%)、長命な濃厚な味わいの赤ワインと、花や果実の香り高い白ワインが作られています。


【ワインタイプ】

白ワイン


【ワイン容量】
750ml

【ワイン品種】
グルナッシュ・ブラン
[PR]
by dmxakira | 2006-11-07 11:45 | ローヌ