ワインを系統毎に分類して保管していきます

<   2006年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

シャトー・オー・ブリオン

f0055030_1515890.jpg【生産者】

シャトー・オー・ブリオン


【ワイン銘柄】

シャトー・オー・ブリオン


【ワイン生産国、地域】

フランス-ボルドー


シャトー・オー・ブリオン

17世紀には既に畑の名前(オー・ブリオン)で販売されたほど、ボルドーで最も早くから評価の高かったワイン。1855年のメドック地区の格付けの際にも、唯一メドック以外から格付けされました。

1934年にアメリカの銀行家ディロンが購入し(米国人が所有する唯一の第1級シャトー)、畑の改善やシャトーの修復など多額の投資を行ないました。格付けシャトーで最初にステンレスを導入し、熟成に100%新樽を用いるなど、品質向上に向けた努力を重ね続けています。

創始者はポンタック一族ですが、オー・ブリオンに纏わる話で一番有名なのは、フランス革命、ナポレオン帝政、そして王政復古の各時代を生き抜いた政治家“タレイラン”です。

美食家としても有名であったタレイランは、また、短い間でしたがオー・ブリオンの城主でもありました。
お抱えの料理長は当時フランス随一と言われたカレームで、外交官として出席したウィーン会議でカレームの料理とオー・ブリオンの美酒が各国の使節に振舞われたことは想像に難くありません。

現在は、銀行家として、また財務長官ダグラス・ディロンを輩出したことでも有名なディロン家がオー・ブリオンを所有しています。また、著名な管理人ジャン・デルマにより、短時間の発酵と30ヶ月に及ぶ新樽での熟成を行ない、芳醇で甘味すら感じる最高級の評価を得ています。


ブラインド・テイスティングにおいて、オー=ブリオンが、第一級シャトーのなかでは最も外向的で軽いワイン、という印象をしばしば与えるという事実は興味深い。実際には、このワインは軽いのではなく、単に、オークの個性があって肉付きがよく、よりタンニンの多いメドックのワインや、よりソフトでメルロが支配的な、右岸でつくられたワインとは異なっているというだけなのだ。最高のヴィンテージにおいては、早熟であるにもかかわらず、このワインは30年かそれ以上熟成を続ける能力を持っており、ほかのいかなる第一級シャトーのワインよりも飲み頃である期間が幅広い。
講談社 『BORDEAUX ボルドー 第3版』


【ワインタイプ】

赤ワイン


【ワイン容量】
750ml

【ワイン品種】
カベルネ・ソーヴィニヨン
[PR]
by dmxakira | 2006-06-27 14:57 | ボルドー