ワインを系統毎に分類して保管していきます

カテゴリ:シャンパーニュ( 3 )

ジャック・セロス・キュヴェ・シュプスタンス

f0055030_21315289.jpg

【ワイン生産者】


ジャック・セロス


【ワイン銘柄】


キュヴェ・シュプスタンス


【ワイン生産国、地域】


フランス-シャンパーニュ


ジャック・セロス

シャンパーニュ地方コート・デ・ブランのレコルタン・マニピュラン(RM:葡萄生産者元詰めシャンパーニュメーカー)。コート・デ・ブランの4地区アヴィーズ、クラマン、オジェ、メニル(全てグランクリュ)の自社畑から、平均年産僅か4000ケースの芸術的なシャンパーニュを造り出す。現当主アンセルム・セロス氏は「良いシャンパーニュは良いワインからしか生まれない、また良いワインは土地と気候と優れた栽培家に恵まれた葡萄でしか造れない。」と語り、自らの手で葡萄畑の土造りから出荷までを実践する。


アンセルム・セロスとコリーヌ・セロス
ジャックセロス アンセルムの父親が1949年に創業した。1976年アンセルムはボーヌの醸造学校から帰り、アンセルムのワイン造りが始まった。1986年頃から木樽で醸造を始め1993年には全ての収穫を木樽で醸造するようになる。当時、グランメゾンの醸造家は彼を変人扱いしたと言う。日本では1993年6月から販売を開始。

平均年間生産数
平均4000ケース(750ml)のRM(レコルタン・マニピュラン 葡萄生産者元詰)

位置
ワイナリーはアヴィーズの町中。葡萄園はコートデブラン アヴィーズ、クラマン、オジェ、メニル に合計6.15ha(全てシャルドネ)
離れてアンボネイに0.35ha(ピノノワール)
白亜質の石灰岩土壌。

葡萄栽培
シャルドネ  平均樹齢38年。良質の原料ワインを求める為にビオディナミを実践。ビオディナミの暦を使用しているが状況によっては柔軟に対応する。全ては健全な葡萄栽培のための手段で、ビオディナミ自体が目的ではない。アンセルムにビオディナミの信者的なイメージは無い。アンセルムの畑には冬小麦等、土の状況に応じてカバークロップが生やされている。畑に入れば生命に溢れた感覚がダイレクトに伝わり、畑の土のまるで毛足の長い絨毯を踏むようなフカフカした感触と共に、生きた畑が実感できる。
アイとアンボネイに0.7haの葡萄畑を持ち、グランクリュのピノノワールから実験的なワインを少量生産している。

ワインの醸造
一次発酵に228lと400lの木樽を使用。新樽比率10%。樽の材料により味わいに偏りが出ないように5社の樽メーカーに5つの産地の樽材から3種の樽材を組み合わせて樽を造らせる。400lの樽は4種の樽材を合わせている。
発酵には自社のセラーに自生する天然酵母をドイツの酵母メーカーに送り培養して使用。醸造後、澱引き、濾過せずに翌年5月頃まで樽熟成。この時点でテイスティングしてボトリングに回すワインと更に樽熟成させるワインに分ける。マロラクティック発酵は行わない。
シュプスタンスは独自のソレラシステムを組む。収穫の翌年、通常の小樽から4000lの大きな木樽に澱と共に移され、次の年には澱を取り除いて4300lのステンレスタンクに移される。毎年、4300lのステンレスタンクから全体の22%をボトリングする為、減った分を大樽から移し、更に大樽の減少分を小樽から移して行く、所謂ソレラが出来上がる。このソレラには1984年収穫からのワインが入っている。

シャンパン造り
ボトリング後、2年~3年間の瓶内熟成。年間平均気温10℃地下セラーで瓶熟成。
ルミアージュは手作業。デコルジュマンは瓶口を凍らせずに手作業で実施。デコルジュマンは客先からの出荷依頼を受けてから実施。デコルジュマンの日付はボトル裏ラベルに記載される。
デコルジュマンから半年位経過して、ワインに落ち着きが出てくる。確実に瓶内熟成するシャンパン。

【ワインタイプ】

発泡ワイン


【ワイン容量】


750ml

【ワイン品種】


シャルドネ
[PR]
by dmxakira | 2006-03-24 21:23 | シャンパーニュ

モエ・エ・シャンドン・キュベ・ドン・ペリニヨン

f0055030_071377.jpg【生産者】

モエ・エ・シャンドン


【ワイン銘柄】

ドン・ペリニヨン


【ワイン生産国、地域】

フランス-シャンパーニュ

モエ・エ・シャンドン

パリから北東へ150km、シャンパーニュ地方エペルネの町の中心地にあるモエ・エ・シャンドン社は、1743年にクロード・モエによって創立されました。

生産量、品質ともに卓越したトップメーカーとして知られ、世界150ヶ国に輸出されるベストセラー・シャンパーニュとして君臨しています。

モエ・エ・シャンドン社は、この2世紀以上にわたって世界各国の要人を迎え入れてきました。

ポンパドゥール侯爵夫人を始め、創立者クロード・モエの孫ジャン=レミー・モエの親しい友人であった皇帝ナポレオン1世、ロシア皇帝アレキサンダー1世、そして日本の皇族など、著名人の訪問の記録が数多く残っています。

ドン・ペリニヨンはシャンパンの真髄です。あらゆる成分がお互いに補足し合い、補強し合って、完全なバランスが生まれ、全体として部分の総和以上のものが作り出される融合という意味で、「アサンブラージュ(集合芸術)」という概念にぴったり当てはまる存在です。

一つ一つのエレメントが、容赦のない選別のふるいにかけられます。シャンパーニュ地方の最高の葡萄とワインだけを使用するのです。それが比類なき特色を持ち、シャンパンの最高品質を体現したワインを生み出します。

これらのワインは様々に融け合った-精妙なつくりの-絹のように滑らかな 霞のようでえも言われぬ感覚を持っています。 ドン ペリニヨンのスタイルは、製造過程における複数の選別と必要条件によって作り上げられます。

ドン ペリニヨンの名声の高まりは、止まるところを知りません。しかしその成功はしっかりした基盤の上に成り立っています。それはスタイル、希少性、卓越したワイン製造法の隅々にまで至る厳密さ、職人たちの優れた技術と、落ち着いた、優雅な外観の上に築き上げられてきたものです。

シャンパン産業の神話となったドン ペリニヨンの成功物語。それは見果てぬ夢の実現、優雅さと洗練さ、まれにみる質と悦楽を体現するものといえましょう。

【ワインタイプ】

発泡性ワイン


【ワイン容量】
750ml

【ワイン品種】
シャルドネ
[PR]
by dmxakira | 2006-02-16 23:47 | シャンパーニュ

ルイ・ロデレール・クリスタル・ブリュット

f0055030_172835.jpg
【ワイン生産者】

ルイ・ロデレール


【ワイン銘柄】

シャンパーニュ


【ワイン生産国、地域】

フランス-シャンパーニュ


ルイ・ロデレール社

ルイ・ロデレールは1776年にデュボア・ペール・エ・フィスとして創立され、1827年に当時の経営者ニコラ・アンリ・シュレーデルが甥のルイ・ロデレールを後継者として以来、社名を「ルイ・ロデレール」として現在に至っている。

ルイ・ロデレールの特徴は、約190ヘクタールもの自社畑(平均98~90%クリュであり、130ヘクタールが100%グランクリュ)を所有しぶどうの必要量の約75%をまかなっていることであり、他のシャンパーニュ・ハウスには例を見ない。(年間生産量は170万本)

またぶどうの選果や徹底や、ボトルでの熟成も全ての製品で4年以上と熟成年数が長い。

ルイ・ロデレールのシャンパーニュは、上品さ、豊か強さ、滑らかさを全て備えており、まさに非の打ち所がないシャンパーニュである。

クリスタル

クリスタルは栄華を誇ったロシア皇帝専用シャンパーニュとして生まれました。

19世紀半ばからロシア宮廷に最高級のシャンパーニュを納めていたルイ・ロデレール社に1876年のある日、ときの皇帝アレクサンドル2世からひとつの要望が伝えられました。「私の食卓に供されるシャンパーニュは民間人が購入できるものとはまったく違うものにせよ。

その為、瓶はクリスタルであること。また、ナプキンで覆ってサーヴされるのでナプキンから出るボトルの首の部分を半透明にして、これだけで私のシャンパーニュと分かるようにせよ」と。

この要求に従って生まれたのがルイ・ロデレールのクリスタルです。やがてロシア帝国は滅亡したが、クリスタルは、デザインと味をその時のままに現在に至り世界中のシャンパーニュ好きの人たちに至福を与え続けています。


【ワインタイプ】

発泡性ワイン


【ワイン容量】
750ml

【ワイン品種】
シャルドネ
[PR]
by dmxakira | 2006-02-02 17:02 | シャンパーニュ