ワインを系統毎に分類して保管していきます

カテゴリ:ブルゴーニュ( 6 )

メオ・カミュゼ・リシュブール

f0055030_21275258.jpg【生産者】

メオ・カミュゼ


【ワイン銘柄】

リシュブール


【ワイン生産国、地域】

フランス-ブルゴーニュ


ドメーヌ・メオ・カミュゼ

メオ・カミュゼの歴史は今世紀初頭にさかのぼる。1902年から1932年にかけて、コート・ドール県議会議員であり、ヴォーヌ・ロマネのワイン生産者であったエチエンヌ・カミュゼがドメーヌ拡大を手がけ、やりがいのある評判の良いブドウ畑をセレクトした。

一連の素晴らしいアペラシオンはエチエンヌの尽力によるもので、特に彼が入手したクロ・ヴジョのブドウ畑は最良の場所に位置していた(彼は、このクロ・ヴジョの城がタスト・ヴァンに譲り渡される前の最後の所有者であった)。

エチエンヌ・カミュゼ氏の娘、マリア・ノワロがブドウ畑を相続していたが、1959年に亡くなる際子供がいなかった為、近親のジャン・メオにドメーヌを遺した。ジャン・メオは当時ドゴール将軍の内閣に籍を置いていた。

マリア・ノワロ女史の「すべてを存続させる」という意志はもちろん尊重された。ドメーヌを拡大していくことは畑を実際に任されていた分益小作人達に託された。ジャン・メオはワインの商品化にも力を入れた。当初は地元で有力なネゴシアンに樽で売買された。この経営段階においてはジャン・メオはパリの職務を果たしながらブルゴーニュのドメーヌの監督を続けることができた。

1985年よりメオ・カミュゼは所有者本来の名を維持しつつワインを販売することとなった。1988年以降、ジャン・メオは分益小作人の引退に伴い、徐々にブドウ畑を仲介者を入れずに開拓することに着手した。(現在も2.5ヘクタールの畑が分益小作の状況にある)もはや、パリに居ながらドメーヌを管理するには手が及ばず、「大地への帰還」が必要となっていた。

そこでジャン・メオの息子であるジャン=ニコラ・メオが1989年よりドメーヌの経営を担当するようになり、ドメーヌの管理と発展に携わっている。ブドウ栽培に関しては、クリスチャン・フロワが主に担当しており、彼自身は元々分益小作人の出身であるが、ドメーヌ全体に力を注ぐことを選んだ。


ワイン造り

ブドウは自然に発酵が始まる前に3日から5日間もろ味果汁と一緒に約15度の温度で冷却浸漬される。発酵中、34度から35度を越えないように常に温度管理される。

ワインはその後、好条件でワインの熟成が保たれるように、仕込みタンクから樫の新樽に移される。樽はワインに適度な酸素とのコンタクトをもたらし、ワインを安定化させる。また樽はワインによく合うアロマをもたらし、ワインの本来持っているアロマをも引き出してくれる

重力を用いた瓶詰め方法で、ノンフィルター、例外がなければノンコラージュが基本。このように、人が手を加えることで、ワインが本来持っている自然の良さをなくしたりはしない。つまり、ドメーヌの信条として、素材の良さを尊重すること、ワインを本来あるがままの姿で扱うこと、生きている成分を考慮すること。以上のことは、自然に対して受身の態勢で居るということではなく、自然がより良い形で生み出されるように寄り添って、自然の成り行きを助けていくことを意味する。

【ワインタイプ】

赤ワイン


【ワイン容量】
750ml

【ワイン品種】
ピノ・ノワール
[PR]
by dmxakira | 2006-03-15 21:26 | ブルゴーニュ

ドメーヌ・ラモネ・モンラッシェ

f0055030_20555114.jpg
【生産者】

ドメーヌ・ラモネ


【ワイン銘柄】

モンラッシェ


【ワイン生産国、地域】

フランス-ブルゴーニュ


ドメーヌ・ラモネ

ジャン・メオは1988年から、徐々にぶどう畑を仲介者を入れずに開拓し始めました。(現在も2.5haの畑が分益小作の状況にある)パリに居ながらドメーヌを管理するには手が及ばず、「大地への帰還」が必要となっていました。

そこでジャン・メオの息子であるジャン=ニコラ・メオが、1989年からドメーヌの経営を担当するようになり、現在もドメーヌの管理と発展に携わっています。ぶどう栽培に関しては、クリスチャン・フロワが主に担当し、フロワ自身は元々分益小作人だでしたが、ドメーヌ全体に力を注ぐことを選びました。

メオ・カミュゼが目指しているものは、ストラクチャーとフィネス、コンセントレーションとチャーミングさ、を兼ね備えたワイン造りをすること。

ワインの醸造と熟成における助言者であるアンリ・ジャイエ氏の助言のもと、ドメーヌの目指すワイン造りの実現を行ってきました。

【ワインタイプ】

白ワイン


【ワイン容量】
750ml

【ワイン品種】
シャルドネ
[PR]
by dmxakira | 2006-02-15 22:23 | ブルゴーニュ

フランソワ・ラヴノー・シャブリ・レ・クロ


f0055030_21563478.jpg【ワイン生産者】

フランソワ・ラヴノー


【ワイン銘柄】

シャブリ


【ワイン生産国、地域】

フランス-シャブリ


フランソワ・ラヴノー

フランソワ・ラヴノーが所有している畑の全ては、7ha弱で、全て特級【レ・クロ(0.5ha)、ブランショ(0.7ha)、ヴァルミュール(0.8ha)】と1級畑のみ。機械摘みが主流のシャブリにあって、現在でも収穫は人手にこだわっている。また、ここ10年来の特級、1級に新樽を用いて厚みを出すという流れにはのらず、ラヴノーが用いる樽のほとんどは旧樽。そんなラヴノーのワイン造りはたいへん伝統的で、まず開放の槽で発酵を終えた後、旧樽で1年前後の熟成。そして清澄はするものの、濾過はせずに瓶詰め、というのが基本的なやり方。

こうして生み出されるワインは、瓶詰め後すぐは気むづかしいタイプのもので、10年近くの瓶熟を経てやっと開花するという、以前のシャブリがもっていた姿を十分堪能出来るもの。加えてその後10~20年はしっかりと熟成を続け、シャブリ独特のミネラル風味を漂わせ、奥行きとメリハリを備えた、真の銘醸となる。
 ’80年代半ばより息子のジャン=マリも加わり、以前にも増して意欲的な生産を行なっているドメーヌだが、全世界に熱狂的なファンが居て、その少ない量をめぐっての、奪い合いというのが実状。

【ワインタイプ】

赤ワイン


【ワイン容量】
750ml

【ワイン品種】
ピノ・ノワール
[PR]
by dmxakira | 2006-02-08 21:52 | ブルゴーニュ

コント・ラフォン・モンラッシェ

f0055030_14212425.jpg
【ワイン生産者】

コント・ラフォン


【ワイン銘柄】

モンラッシェ


【ワイン生産国、地域】

フランス-ブルゴーニュ



ドメーヌ・デ・コント・ラフォンの創業は1868年。創業者はジュール・ラフォンでした。ジュール・ラフォン伯爵が亡くなると、その財産は二人の息子、ピエールとアンリに引き継がれました。

ピエールも後を追うように亡くなり、子どものないアンリは相続した畑を売却しようと考えていましたが、甥のルネ・ラフォン(ピエールの息子)が他家への売却に反対し、自ら畑など一切を譲り受けました。

ルネはエンジニアでパリに住み、メタヤージュ方式(分益小作方式=畑を農家に貸しだし、借地代の代わりに収穫したブドウあるいはワインを所有者に渡すシステム)でドメーヌを経営しました。ワインは何年もの間ネゴシアンに売り渡され、コント・ラフォンのラベルでワインが販売されるようになったのは1961年からでした。

1967年にルネはパリの家を引き払い、ムルソーに移り住みます。このころから徐々にコント・ラフォンの名声は高まりだします。ルネの息子ドミニクは、1981年からカリフォルニアやアルザスに出かけワイン造りを実地で学びました。1984年、ルネが引退すると、ドメーヌはその子、ドミニクとブリュノの引き継がれました。

ドミニクがワイン醸造責任者、ブリュノが販売責任者になり、この時点でラフォン家のワイン造りは趣味ではなく、本業として取り組まれるようになりました。1987年にはメタヤージュを完全に廃止し、ドミニク自らが醸造だけでなくブドウ栽培にも乗り出しました。

ドミニクがワイン醸造責任者になって自ら畑を耕しワインを造るようになった1987年から、コント・ラフォンのワインは国際的な高い評価を得るようになります。そして今ではコント・ラフォンのワインは世界有数のファインワインに数えられるようになり、入手するのがなかなか難しいワインのひとつになっています。



【ワインタイプ】

白ワイン


【ワイン容量】
750ml

【ワイン品種】
シャルドネ
[PR]
by dmxakira | 2006-01-31 14:25 | ブルゴーニュ

デュジャック・クロ・サン・ドニ


【ワイン生産者】

デュジャック


【ワイン銘柄】

クロ・サン・ドニ


【ワイン生産国・地域】

フランス-ブルゴーニュ



100年、200年と代々この地でぶどう栽培、ワインづくりに携わる者が殆どのブルゴーニュにあって、ドメーヌ・デュジャックのオーナー、ジャック・セイスはパリ出身と、謂わばよそ者でありながらも、その世界的名声を僅か10数年で確立してしまった。

ジャック・セイスがモレの村にドメーヌを構えたのは1968年。以前のドメーヌ・グライエをベースに4.5ヘクタールほどの地所からスタート、現在では倍以上の12ヘクタール強――クロ・ド・ラ・ロシュ、クロ・サン・ドニ、ボンヌ・マール、シャルム=シャンベルタン、それにエシェゾーと特級畑5区画を含む――に成長した。加えて最近では、シャルドネ種用のモレの1級畑、モン・リュイザンを入手。またドメーヌのフラッグ・シップ的存在のワイン、クロ・ド・ラ・ロシュだが、数ヵ所に分かれてある区画のうち植え替えを行った箇所のぶどうの樹齢が7年以上に達したため、それまでACモレ=サン=ドニに混ぜていたものを、今後はドメーヌ所有の1級畑とブレンドし、モレ=サン=ドニ・プルミエ・クリュとしてリリースすることとなった。

その人気の高さ故、常に入手に苦労するデュジャックのワインだが、栽培、醸造の基本は以下の通り。無干渉主義をモットーとするセイスは、畑に於ては除草剤、化学肥料の類は使用せず、除梗も年によるが基本的に行わない。新樽は非常に軽い焼き加減のものを特級、1級に100パーセント使用。その後瓶詰めはオリ下げのみでフィルトラシヨンはかけない等々。

生まれるワインは色こそ決して濃くないものの、果実の風味をたたえ、複雑さも感じさせるエレガントな味わいで、若いときから十分に愉しめるバランスの良いもの。とはいえ熟成も当然可能で、それなりの年のものであれば20年前後で優美な液体へと変身する。また、ドメーヌでは上に記した赤以外に白もあり、これがニュイ地区の白かと思わせるような出色の仕上がりを見せている。

【ワインタイプ】

赤ワイン



【ワイン容量】
750ml

【ワイン品種】
ピノ・ノワール
[PR]
by dmxakira | 2006-01-28 21:07 | ブルゴーニュ

アルマン・ルソー・リュショット・シャンベルタン・クロ・デ・リュショット

【ワイン生産者】

アルマン・ルソー


【ワイン銘柄】
リュショット・シャンベルタン

【ワイン生産国、地域】

フランス-ブルゴーニュ



ジュヴレ・シャベルタン村のワインといえば「アルマン・ルソー」といわれるほど、ジュヴレ・シャンベルタン村の顔ともいえる偉大なドメーヌ。

造りだすワインの質が高いことに加えて、所有する特級・1級畑の面積の広さも特筆に価する。ドメーヌの総面積14ヘクタール弱のうち、半分以上の8ヘクタールをシャンベルタン(2.2ヘクタール)、クロ・ド・ベーズ(1.4ヘクタール)等の特級畑が占め、他に1級畑が3.5ヘクタール、村名畑は、2ヘクタール強にすぎない。

更に、これらの畑に植えられているぶどうの樹齢の高さも特徴のひとつ。大半の畑の植えつけは第2次世界大戦以前、1級畑のクロ・サン=ジャックに至っては1924年と1954年という古さ。ドメーヌ全体の平均樹齢は45年以上になる。

樹齢が高いうえに、ヘクタール当たり25~35ヘクトリットルという低収量で収穫されるぶどうは伝統的な手法でワインに仕立て上げられる。そして新樽の比率は基本的にシャンベルタン、クロ・ド・ベーズ及び1級のクロ・サン=ジャックが100パーセント、その他の特級は80パーセント前後。

出来上がるワインは滑らかで品があり、各要素のバランスのいい完成度の高いもので、このドメーヌの名声の高さを如実に物語っている。

この特級畑クロ・デ・リュショットは、ルソーのモノポール(単独所有畑)。特級畑の中でも、最も北にあり標高が最も高いという別格の畑。骨格が太く、力強い味わいがあるワインとなる。

【ワインタイプ】

赤 ワイン


【ワイン容量】
750ml

【ワイン品種】

ピノ・ノワール



[PR]
by dmxakira | 2006-01-28 19:03 | ブルゴーニュ