ワインを系統毎に分類して保管していきます

フランソワ・ラヴノー・シャブリ・レ・クロ


f0055030_21563478.jpg【ワイン生産者】

フランソワ・ラヴノー


【ワイン銘柄】

シャブリ


【ワイン生産国、地域】

フランス-シャブリ


フランソワ・ラヴノー

フランソワ・ラヴノーが所有している畑の全ては、7ha弱で、全て特級【レ・クロ(0.5ha)、ブランショ(0.7ha)、ヴァルミュール(0.8ha)】と1級畑のみ。機械摘みが主流のシャブリにあって、現在でも収穫は人手にこだわっている。また、ここ10年来の特級、1級に新樽を用いて厚みを出すという流れにはのらず、ラヴノーが用いる樽のほとんどは旧樽。そんなラヴノーのワイン造りはたいへん伝統的で、まず開放の槽で発酵を終えた後、旧樽で1年前後の熟成。そして清澄はするものの、濾過はせずに瓶詰め、というのが基本的なやり方。

こうして生み出されるワインは、瓶詰め後すぐは気むづかしいタイプのもので、10年近くの瓶熟を経てやっと開花するという、以前のシャブリがもっていた姿を十分堪能出来るもの。加えてその後10~20年はしっかりと熟成を続け、シャブリ独特のミネラル風味を漂わせ、奥行きとメリハリを備えた、真の銘醸となる。
 ’80年代半ばより息子のジャン=マリも加わり、以前にも増して意欲的な生産を行なっているドメーヌだが、全世界に熱狂的なファンが居て、その少ない量をめぐっての、奪い合いというのが実状。

【ワインタイプ】

赤ワイン


【ワイン容量】
750ml

【ワイン品種】
ピノ・ノワール
[PR]
by dmxakira | 2006-02-08 21:52 | ブルゴーニュ


<< シャトー・カロン・セギュール シャトー・マルゴー >>