ワインを系統毎に分類して保管していきます

ルイ・ロデレール・クリスタル・ブリュット

f0055030_172835.jpg
【ワイン生産者】

ルイ・ロデレール


【ワイン銘柄】

シャンパーニュ


【ワイン生産国、地域】

フランス-シャンパーニュ


ルイ・ロデレール社

ルイ・ロデレールは1776年にデュボア・ペール・エ・フィスとして創立され、1827年に当時の経営者ニコラ・アンリ・シュレーデルが甥のルイ・ロデレールを後継者として以来、社名を「ルイ・ロデレール」として現在に至っている。

ルイ・ロデレールの特徴は、約190ヘクタールもの自社畑(平均98~90%クリュであり、130ヘクタールが100%グランクリュ)を所有しぶどうの必要量の約75%をまかなっていることであり、他のシャンパーニュ・ハウスには例を見ない。(年間生産量は170万本)

またぶどうの選果や徹底や、ボトルでの熟成も全ての製品で4年以上と熟成年数が長い。

ルイ・ロデレールのシャンパーニュは、上品さ、豊か強さ、滑らかさを全て備えており、まさに非の打ち所がないシャンパーニュである。

クリスタル

クリスタルは栄華を誇ったロシア皇帝専用シャンパーニュとして生まれました。

19世紀半ばからロシア宮廷に最高級のシャンパーニュを納めていたルイ・ロデレール社に1876年のある日、ときの皇帝アレクサンドル2世からひとつの要望が伝えられました。「私の食卓に供されるシャンパーニュは民間人が購入できるものとはまったく違うものにせよ。

その為、瓶はクリスタルであること。また、ナプキンで覆ってサーヴされるのでナプキンから出るボトルの首の部分を半透明にして、これだけで私のシャンパーニュと分かるようにせよ」と。

この要求に従って生まれたのがルイ・ロデレールのクリスタルです。やがてロシア帝国は滅亡したが、クリスタルは、デザインと味をその時のままに現在に至り世界中のシャンパーニュ好きの人たちに至福を与え続けています。


【ワインタイプ】

発泡性ワイン


【ワイン容量】
750ml

【ワイン品種】
シャルドネ
[PR]
by dmxakira | 2006-02-02 17:02 | シャンパーニュ


<< ジャン・ルイ・シャーヴ・エルミ... シャトー・テルトル・ロートブッフ >>