ワインを系統毎に分類して保管していきます

シャトー・テルトル・ロートブッフ

f0055030_16211149.jpg
【ワイン生産者】

テルトル・ロートブッフ


【ワイン銘柄】

サンテミリオン


【ワイン生産国、地域】

フランス-ボルドー



テルトル=ロートブッフは、現在世界中の注目を集めているワインのひとつ。これはむろん正当なことであるが、人はこのシャトーが何ひとつ変わらないことを望んでもいるのである。

ミジャヴィル氏は一途な決意のもとにこのシャトーを運営しており、妥協というものを知らない。彼が心に抱いているのは、すばらしい地の利に恵まれたこのシャトーから、ポムロルのラフルール、ペトリュス、セルタン・ドゥ・メイのようなエキス分と強さを持つワインをつくることである。

そのため、ミジャヴィルは、収穫時期を最も遅くし、収量を低く抑え、1985年以降、ワインの力を生かすために新樽の比率を100%に引き上げた。最近のヴィンテージには、まぎれもなく、眩惑的なほどの果実味と派手な華やかさがあり、ヨーロッパのワイン評論界からおびただしい数の激賞の評が寄せられている。

ボルドーの右岸地区(ポムロルとサン=テミリオン)ではむらのあったヴィンテージだが、ル・テルトル=ロートブッフは贅沢なまでに豊かな果実味とシュル・マテュリテのすべての要素(ジャムのようなプラム、コーヒー、チョコレート、低い酸度)を備えたワインをつくり出した。肥えた、肉付きのよい、濃密な味わいが、とろりとした舌触りとなって口の中を覆う。

甘美で、豊かで、絹のような舌触りのこのワインは、果実味と個性ではちきれんばかりだ。樽で熟成させればもっと構造と輪郭がはっきりすると思ったのだが、むしろいっそう退廃的で享楽的になっている。

【ワインタイプ】

赤ワイン


【ワイン容量】
750ml

【ワイン品種】
メルロー
[PR]
by dmxakira | 2006-02-01 16:21 | ボルドー


<< ルイ・ロデレール・クリスタル・... コント・ラフォン・モンラッシェ >>